福岡県交通事故治療サポートセンター > 交通事故にあってしまったら

交通事故にあってしまったら

交通事故に遭ってしまった時の流れ

速やかに警察(110番)・救急(119番)へ連絡しましょう。

交通事故に遭ったら速やかに連絡
加害者が警察に届けないと言っても、事故後のトラブルにつながるケースが多いため、きちんと通報しましょう。
※警察へ病院の診断書と人身事故届けを提出しなければ、保険請求手続きに必要な交通事故証明書が発行されません。


矢印

加害者情報をきちんと確認しましょう。

交通事故に遭ったら加害者の情報を確認
免許証の提示を求め、加害者の氏名・住所を確認します。
その他にも、加害車両ナンバー・勤務先・保険会社(自賠責保険証・任意保険証の提示)をきちんと確認しておきましょう。
※事故現場で、損害賠償・示談・念書の話は絶対にしないようにしましょう。
交通事故の後遺症認定の妨げになり、十分に損害賠償がなされない場合があります。

※事故の目撃者がいる場合は、後日証人が必要になる場合もあるので、氏名・住所・連絡先などを聞いておきましょう。


矢印

事故直後は必ず病院で精密検査を受けましょう。

交通事故直後すぐに病院で検査を
交通事故の直後は興奮状態にあるため、痛みを感じなかったり、骨折に気づかなかったりするケースがあります。
痛みは、事故から数日後落ち着いた頃に発生することも多いです。
※外傷がなくても、事故直後の検査は原則的に自賠責保険で支払われます。


矢印

保険会社へ連絡しましょう。

交通事故に遭ったら保険会社に連絡を
保険会社へ連絡し、定期的に連絡を取りましょう。
※治療院を変更した際に、保険会社が治療費を負担してくれなくなるケースもあります。
※当協会加盟治療院では、各院にて転院手続きの方法をご案内しています。


矢印

事故状況・記録・関連物は残しておきましょう。

交通事故に遭ったら状況・記録関連物は残す
2で述べた、目撃者情報は大切です。示談の話し合いを左右する存在になることもあるからです。
事故状況の記録・ビデオ・写真・車の破損状況の写真(各種角度から)・身に着けていた衣服・事故車など、事故に関連する物は残せるだけ残しておきましょう。
事故原因・過失割合などで納得がいかない場合に、真実を導き出す手がかりとなることがあります。


交通事故に遭ってしまった時の流れボックス終了

センター概要

福岡県
交通事故治療サポートセンター

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神
5-10-1NYBFビル3F

●電話によるお問い合わせ
電話によるお問い合わせのイメージ
(受付)9:00~18:00
※通話料はかかりません。
TEL:0800-222-7272

●メールによるお問い合わせ
»お問い合わせ窓口はこちら

福岡県交通事故治療サポートセンター
ページのトップへ戻る