福岡県交通事故治療サポートセンター > 新着情報
新着情報 一覧

福岡市南区|交通事故治療相談

事故・井尻・高宮

福岡市南区になる和整骨院は、交通事故による患者様がたくさんいらっしゃっています。それは、交通事故関連の豊富な知識と交通事故治療の豊富な経験から、患者さまに信頼されているからです。

事故後の対応の相談から、自賠責保険や自動車保険などの相談、治療の相談まで無料で行っています。少しでも悩まれている方は、お気軽にご相談ください。

2019年9月18日 (水)|カテゴリー:新着情報注目の治療院

土日祝も営業している春日市の希整骨院

春日市・希整骨院・交通事故

春日市にある希整骨院は、土曜・日曜・祝日も夜8時まで受付をしています。

保険会社は、平日しか連絡が取れないケースも多く、どうしていいかわからない方もたくさんいらっしゃいます。そのようなときには、希整骨院には経験豊富なスタッフもいるため、安心してご相談できます。

警察や保険会社とのやり取り、病院と整骨院での治療についてなど親身になって相談にのってもらえます。

 

2019年8月1日 (木)|カテゴリー:新着情報

交通事故でのケガの治療費について

交通事故相談・むちうち相談

自賠責保険は、整骨院や病院などの治療費はもちろん、慰謝料・通院交通費・休業損害などまで補償されます。 加害者の自動車保険かご自身で加入している自動車保険(人身傷害保険)がある場合は、保険会社に対応してもらえ、保険会社から送られてくる少しの書類(同意書・通院交通費など)を記入するだけで手続きが簡単になります。また、保険会社に対応してもらえず、自賠責保険に直接請求する場合は、請求書類の作成が必要となります。

<病院・整形外科について>
交通事故に遭い体に不調を感じた時は、早めに病院や整形外科で受診されてください。早めに受診することは、損害賠償の観点からもとても重要なことです。治療開始が遅れると交通事故との因果関係が認められず、治療費を支払ってもらえないことがあります。 病院や整形外科で受診される時は、先生に症状や痛む部位を全て伝えてください。先生に伝えたことが診断書に記載されているか否かで、治療の必要性を判断されます。

<整骨院について>
整骨院は、手技などの施術を行いながら、筋肉のはりやこりを取り除いていきます。整骨院での手技は、患者様にとって症状が軽くなる実感があるため、整骨院に通われる方がたくさんいらっしゃいます。  整骨院は、病院で診断された部位しか施術は行えませんので、初めに受診される病院や整形外科では、先生に症状や痛む部位を全て伝えてください。

<早期回復を望まれる方へ>
早期回復を望まれる方は、病院と整骨院の両方を受診することをお勧めします。週に1~2回くらい病院に通い湿布や薬をもらいながら、他の日に整骨院に行かれる方がたくさんいらっしゃいます。充実した治療を受けることができ早期回復へと繋がります。

065

福岡県交通事故治療サポートセンター

0800-222-7272(無料相談ダイヤル)

~交通事故治療サポートセンターTOPページへ~

 

2019年3月11日 (月)|カテゴリー:新着情報

交通事故の無料相談を行っています。

 

交通事故相談

交通事故治療サポートセンターでは、交通事故による負傷(後遺症)でお悩みの方への無料相談を行っております。

事故後、どのような処理をしたらいいのか、治療をどのようにしていけばいいのか、など少しでも不安なことがあればご相談ください。

相談は、すべて無料ですのでお気軽にご利用ください。
当ホームページから、交通事故治療を得意としている整骨院を探せるようになっていますのでご利用ください。

(注意)

□後からトラブルにならないように、小さな事故でも警察に届け出することをお勧めします。

□事故後、少しでもお体に不調や違和感を感じたら、早めに検査や治療をお考えください。

 

2018年6月21日 (木)|カテゴリー:新着情報

交通事故後の流れについて

頭痛交通事故むちうち

①警察へ必ず連絡してください

軽い事故でも重い事故でも、事故後はもちろん、数日経過してから体に痛みが出てくることがあるのが交通事故の特徴です。 「物損事故」で処理をしてしまった場合、後から痛みや不調があれば、速やかに警察へ連絡し、病院の診断書と共に人身事故の届出を行すれば治療が受けられます。事故日から日数が経過して受診した場合、事故との因果関係が証明しにくいので早めに受診されてください。

②ご自身の自動車保険の確認をしてください

自動車を公道で走らせるには、必ず「自賠責保険(強制保険)」に加入する必要があります。120万までの限度額が設けられていますが、万が一、死亡事故や重度の後遺症が残る自賠責保険で支払うことができない事故を引き起こしてしまった場合、任意保険に加入していなけければ補償できないことがあります。ご自身が事故を起こした事故、ぶつけられた事故など、どのような事故でもご加入の任意保険を確認しておいてください。

③事故の状況を記録してください

相手の免許証、車種とナンバー、会社名、相手の保険会社を確認しておくことが無難です。 お互いの車のキズ等を色々な角度から、写真(写メ)で撮っておくことをお勧めします。

④その場で示談や賠償の話をしないでください

トラブルになるケースとして、その場で話し合うことをしないでください。後から、保険会社や専門家と相談しながら進めてください。

⑤病院でレントゲンやMRIの検査を受けてください

どんなに軽微な事故でも、検査をすることをお勧めします。後から、骨折などがわかっても、事故から日数が経過しているとその事故での負傷と認められない場合があります。

⑥当センターやホームパージに掲載されている整骨院に相談されてください。上記の流れや、早期改善に向けた通院の仕方、病院と整骨院の両方の通院の仕方などを教えてもらえます。

pixta_5217443_ss

2018年3月12日 (月)|カテゴリー:新着情報

センター概要

福岡県
交通事故治療サポートセンター

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神
5-10-1NYBFビル3F

●電話によるお問い合わせ
電話によるお問い合わせのイメージ
(受付)9:00~18:00
※通話料はかかりません。
TEL:0800-222-7272

●メールによるお問い合わせ
»お問い合わせ窓口はこちら

福岡県交通事故治療サポートセンター
ページのトップへ戻る