福岡県交通事故治療サポートセンター > 新着情報 > 被害者請求と加害者請求

被害者請求と加害者請求

自賠法では被害者救済のために、加害者に誠意がなく話し合いなどが不可能な場合でも、加害者が加入している自賠責保険に被害者が直接請求することができます。

加害者が被害者に対して治療費などを支払い、領収書等を添付して自賠責保険に請求する方法を加害者請求といい、被害者が自賠責保険会社へ直接請求する方法を被害者請求といいます。

higaishaseikyu

 

 

 

 

自賠責保険に請求できる者は加害者と被害者に限られており、治療院は請求者にはなれません。ただし、治療院は、被害者から委任状をもらえば、自賠責保険への治療費請求は可能です。これを「治療費の受任請求」といいます。

被害者本人が自賠責保険へ直接請求し、治療費を自賠責保険会社から治療院へ直接支払うようにする方法を「治療費の支払指図」といいます。(被害者に治療費を含めすべての賠償金を自賠責保険会社から支払うこともできます。)

 

交通事故治療を得意としている整骨院はコチラからご覧になれます

たんぽぽ和ー交通事故0026

 

 

カテゴリー:新着情報

センター概要

福岡県
交通事故治療サポートセンター

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神
5-10-1NYBFビル3F

●電話によるお問い合わせ
電話によるお問い合わせのイメージ
(受付)9:00~18:00
※通話料はかかりません。
TEL:0800-222-7272

●メールによるお問い合わせ
»お問い合わせ窓口はこちら

福岡県交通事故治療サポートセンター
ページのトップへ戻る