福岡県交通事故治療サポートセンター > 新着情報 > むち打ち症

むち打ち症

 「むち打ち症」とは?

交通事故による外傷は、ほとんどが打ち身・頭部外傷・ねん挫・骨折・等があります。
その中のほとんどを占める傷害で賠償上の問題を多く含むのがむち打ち症です。むち打ち症とは、正式な診断名ではなく一般的に呼ばれている呼び名です。
通常は「外傷性頚部症候群」「頚部捻挫」という診断名になります。
衝突時に首が前後に鞭(ムチ)のようにしなることから呼ばれるようになったようです。

 「むち打ち症」の発症の仕方

 「むち打ち症」の発症の仕方は、正面衝突、側面衝突、追突によるものとがあります。
人間の首の動きは、一般的に前後ともに60度くらいとされています。
その角度を超えて、それ以上に伸びたり屈めたりした場合、首の周辺の組織が伸びたり切れたりして発症するのです。
その中でも、ほとんどを占めるのが後から衝突(追突事故)されたものが、全体の90%を占めると言われています。

福岡県交通事故治療サポート協会
〒811-1302 福岡県福岡市南区井尻4丁目10-24-106

カテゴリー:新着情報

センター概要

福岡県
交通事故治療サポートセンター

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神
5-10-1NYBFビル3F

●電話によるお問い合わせ
電話によるお問い合わせのイメージ
(受付)9:00~18:00
※通話料はかかりません。
TEL:0800-222-7272

●メールによるお問い合わせ
»お問い合わせ窓口はこちら

福岡県交通事故治療サポートセンター
ページのトップへ戻る